伝説の漢

友人が近畿地方の有名なガス屋さんで、働いていた時の話
マンションの給湯器の交換に出かけ、無事に作業が進み
いよいよ点火試験をしようと、ガスの元栓を開けて、水道の止水栓も確認
初めての一人での、ガス工事に念には念の点検作業も終わり
いよいよ点火試験、スイッチオン
お湯が出てこない?
コンセントなどの確認などをした後、スイッチオン
給湯器の動く気配すらなし?
この友人、何をどう配管したのか?
この時点で、パニック状態
多分、一人でこのマンションに来た時から、すでにパニック状態になっていたのか

ガス管に水21リッター

緊急自動車が、けたたましいサイレンを鳴らし、数台がマンションを取り囲み
徹夜の緊急工事、開始
何が何か解からない友人に、工事に来た元請の人が
にいちゃんは、マンションの人達に、弁当でも配っとけ
弁当を配り明け方近くまで、マンションの前で幽霊のように立っていたそうです
当然クビ
そしてその会社のマニュアルも書き直されたそうです。
誰でも解かる様に、絵入りに

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック